1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小夏 再検査の結果

2006年05月17日 22:26

先週の火曜日に小夏の様子が気になって病院へ。
血液検査の結果、肝臓の調子が良くないようだったのでお薬をもらって今日は再検査でした。
前回病院に行ってから数日でいつもの調子に戻っていたので大丈夫だろうと思いながら病院へ。


体重は1kg!
あれ?また大きくなってる(ノ゜⊿゜)ノ
文太といるとどうしても小夏は小さいように見えてしまうのですが、結構大きいようです(^◇^;)

触診で先生にも小夏がいつもの調子であることを確認して頂き、
「大丈夫そうですね。まぁ血液検査はしておきましょうね。」
ということで血液検査。


  GPT:432(正常値20~100) ※前回は398


上がっているように見えますがこれは誤差の範囲(?)だそうです。
今回の結果から、肝臓が良くないのは先天性のものなのか一過性のものかを調べる為、外部機関に出して「総胆汁酸の検査」をすることになりました。

もう一度血液検査で経過を見なければならないのですが、度々するというのも負担が掛かる為、ひとまず前より利胆作用がある薬の割合を上げて2週間後に再検査をすることに。
ただ、検査の結果で一過性のものではないとなった場合、最悪は開腹して検査することになるそうです。
一過性のものではないというのは「前から値が高かった」、つまり腫瘍などがどこかにあり、そのために肝臓が一生懸命働いている結果値が高くなっているといった場合をいうそうです。


お疲れ様



血液検査の値さえ見なければ今の小夏は元気そのものです。
一過性の肝臓の機能低下であった場合もその仔によって、数値がすぐに下がるのに時間が掛かる仔もいるとのことなので、そうであるよう願います。


検査結果の連絡を待ち、問題がなければ2週間後の血液検査。
万が一、問題があれば2週間待たずに早めに病院へ行くことになります。


よく遊び食欲も十分あるので、恐らく急に上がった値が下がりにくいのだと思うのですが。。。もうちょっと小夏が大好きなおいしいお薬飲もうね。
スポンサーサイト

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。